シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nespresso|ネスプレッソの評価

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



念願の本格エスプレッソマシン

コーヒー好きなら自宅でも手軽にエスプレッソを楽しみたいと思うはずです。私もコーヒー好きの一人、いつかは欲しいと思いつつも、エスプレッソマシンというのは高価な買い物なので購入のタイミングを見失っていました。

エスプレッソマシンと言えば、まずは思いつくのが本場イタリア製の「デロンギ」です。安いものなら1万円を切るものから、高価なものでは50万円以上という本格的なタイプがあるので迷うところです。

安い買い物ではないですから、そもそも値段で妥協したくもないですね。下手に安いものを購入して後悔するくらいなら、少々値が張ってもいいものを〜というと上は50万円を超えますから迷うところです。

ところが先日、職場にネスプレッソを入れてその評判が良いと話を聞きつけまして、熟考の結果、買ってしまいました。

購入の決め手は使い方・手入れが簡単であること

海外に住んでいた時に本格的なエスプレッソマシンを触ったことがあります。その経験から実感したのがエスプレッソマシンというのは使うのが難しく、何かと面倒くさいということです。

冒頭で述べたようにエスプレッソマシンの購入時にはまっ先に「デロンギ」を考えたのですが、気がかりだったのが正にこのポイント。

 

価格はそこそこリーズナブルなのですが、ご覧の通りいわゆるエスプレッソマシン然とした「ハンドル付きのコーヒーフィルター」と「ミルク泡立て用のスチーム」という構造。

練習すればおいしいコーヒーが作れそうではあるのですが、「手入れや掃除が面倒くさい」のは間違いない。カフェや飲食店を経営して、毎日何杯ものコーヒーを作る機会があるのであれば、お手入れは閉店後に1回であればまだしも、家庭で日に2〜3回使う程度の頻度では大変な印象が拭えません。

本格的なエスプレッソマシンの難しい点・面倒くさい点を挙げると

<難しい点>

  • コーヒー豆の充填:抽出のための容器に詰める場合、入れる量と均等に詰めるのが難しい。また、豆が周りにボロボロこぼれる事必至。
  • ミルクの泡立て:温度は70℃が適温。この温度を保ちつつ蒸気を入れて泡立てるのは一定の職人技が必要。蒸気噴出口をミルクと容器のきわの当りに当てる角度なども慣れが必要。
  • カップにミルクを注ぐ:泡部分とそうでない部分をスプーンで分離しながらいい感じに注ぐのも難しい。

<面倒くさい点>

  • コーヒー豆の廃棄:使った豆はゴミ箱に捨てますが、詰まっているので結構強い力で叩きつける必要有り(専用ゴミ箱みたいなのはゴムのバーがあるのでそこに叩き付ける感じです)
  • 蒸気噴出口の掃除:ミルク泡立てのための蒸気噴出口ですが、毎度キレイに拭く必要があります。このとき蒸気を出したりしながら詰まりを予防するなども必要です。※一度熱した牛乳はすぐ固まります。
  • ミルクの保存:1回分だけを作りたくても、そこそこの大きさの容器にそこそこの量を入れる必要があります。余ったミルクは冷蔵庫の牛乳パックとは別のもう1つスペースをとります。

まだまだ挙げれば沢山ありますが、ざっと挙げてもこんなにあります。

件の「ネスプレッソ」はというと

<簡単な点>

  • コーヒー豆の充填:カプセルを入れるだけ(種類は20種類以上あります。毎回変える事もOK)
  • ミルクの泡立て:全自動(お好みでも調節可)
  • カップにミルクを注ぐ:全自動(お好みでも調節可)

<面倒じゃない点>

  • コーヒー豆の廃棄:カプセル捨てるだけ(本体内にゴミ箱あり。定期的にカプセル毎捨てるだけ)
  • 蒸気噴出口の掃除:全自動(ボタンを押すだけ)
  • ミルクの保存:コンパクトなケースごと冷蔵庫に

要するに、通常のエスプレッソマシンの難しい点や面倒な点がめちゃくちゃ簡単になっているのです。

コーヒー豆について

コーヒー好きならコーヒー豆も当然こだわりたいですよね。

ネスプレッソのコーヒー豆はカプセル式、購入前はそれが気がかりでした。

  • シリーズの中から選ばなくてはならない(自分の好きな他の豆が使用できない)
  • そもそも種類が少ないんじゃないのか?
  • 値段が高いんじゃないのかな?(カプセルが立派なので、なんとなく)
  • カプセルでボタン1つで毎回同じ味(自分の好みが反映されないのでは?)

と、要するにネスプレッソ側の1つの規格に当てはめられるので、シリーズの中に好みのコーヒーが無い場合、全くの無用の長物になってしまうことが気がかりでした。

ところが、実際にはシリーズは20種類以上もあり、正直迷うくらいです。

また、購入時には一通りの豆カプセルがセットになっているので最初から別売りを購入せずともお試ししてから次回購入が出来るのが嬉しいです。

購入前のネガティブな印象は全部好印象に

  • シリーズの中から選ばなくてはならない → 他所で買うにしても選択肢は限られている。逆にエスプレッソに適した豆を厳選されているので、ハズレが無い印象。
  • そもそも種類が少ないんじゃないのか? → 十分でした。
  • 値段が高いんじゃないのかな? → 1個70〜80円、缶コーヒーより安いです。
  • カプセルでボタン1つで毎回同じ味 → 技術が無くてもおいしく出来ます。また、コーヒー・ミルクともにお好みで調整も可能です。

余談ですが、個人的お気に入りとしては、自宅では中々再現できない味という点でバニラ系やチョコ系のフレーバーコーヒーです。アイスもよし、ホットもよしで、本格カフェが自宅で簡単に味わえます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする