シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photoshop「移動ツール」の「自動選択」ON/OFFショートカットとその使いこなし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photoshopには「移動ツール」というものがあり、各レイヤーをマウスでクリックして選択し、好きな場所に移動することが出来るツールです。これは数あるツールの中でも最も使用頻度が高いものの1つです。

この「移動ツール」には「自動選択」というものが存在します。「移動ツール」を選択している状態で、メニューの左上にて確認する事ができます。

選択ツール(自動選択)

この「自動選択」にチェックが入っている状態では、カンバス(中央の作業スペース)上に配置されているレイヤーをクリックすることで直接選択する事が可能です。

周知の通り、Photoshopは通常複数のレイヤーを重ねてデザイン制作などをしますので、見た目上は1つに見えても、実は複数のレイヤーで構成されたものであったりします。

複数のレイヤーで構成されたパーツ

この「自動選択」が有効でない場合、通常はその複数のレイヤーを全て選択した状態で移動するのですが、「レイヤーパネル」上で選択したいレイヤーを1つ1つ選択していくのは面倒です。

しかしこの自動選択ツールにチェックを入れた状態であれば、カンバス上の選択したい複数のレイヤーも、そのレイヤーが配置されている範囲をドラッグすることで、選択範囲内のレイヤーが全て選択でき、自由に移動する事が可能です。

複数のレイヤーが同時に選択されている状態



「移動ツール」の「自動選択」に都度チェックを入れるのは手間

「自動選択」それ自体は大変便利な機能なので、常にチェックを入れておけばいいかというと、そうでもありません。

「自動選択」にチェックが入っている事で、移動ツールを使用する際には都度ドラッグされた範囲内のレイヤーが全て選択されてしまいます。そのため、意図しないレイヤーまでも選択、移動してしまう事もあり、作業のやり直しが発生してしまうことが多々あります。

その場合はどうするかというと、「自動選択」のチェックを外し、「レイヤーパネル」上で意図するレイヤーのみを選択して移動する。というのが通常です。

この操作、たったの1クリックですが、最も使用頻度の高いこの「移動ツール」においては非常にストレスです。ちりも積もればでこの1クリックが作業時間を延ばします。集中した作業を行いたい場合、カンバス上からなるべくマウスポインターは移動したくないいものですが、このために度々左上のメニューバーまで移動しなくてはならず、これは大変な手間です。

「自動選択」は常にチェックを入れていないOFF状態で!

せっかくの「自動選択」ですが、効率の良い作業をしたいのであれば基本はチェックの入っていないOFF状態がベターです。

ではこの機能を使わないのかというと、そうではありません。Photoshopではこの「自動選択」をキーボードの操作だけで使いたい時だけ有効にする事ができるので、それを利用します。

  • Mac:「command」キーを押しながら操作
  • Windows:「control」キーを押しながら操作

これだけで、「自動選択」にチェックの入っていないOFF状態でも「自動選択」が有効なON状態になりますので、マウスポインターをカンバス上から移動する事なく「自動選択」が利用出来ます。これにより作業効率は格段に向上します。

あわせて覚えておきたいショートカット

せっかく「自動選択」の手早い操作を覚えたのであれば、以下のショートカットもあわせて覚えておくとなお作業効率がアップします。

  • 移動ツール:キーボードの「V」を押す
  • 文字ツール:キーボードの「T」を押す
  • 文字ツール入力解除:キーボードの「esc」を押す

上記の3つです。レイヤーを自由に移動する「移動ツール」にならび、文字を書き込む「文字ツール」も最も使用頻度が高い機能の1つです。

「移動ツール」→「文字ツール」→「「移動ツール」→「文字ツール」」…

上記のように交互に使用するという事はざらにあります。そこでこのツールを手早く切り替えるこのショートカットを覚えておくと更に作業効率が向上します。

【文字ツール入力解除:キーボードの「esc」を押す】ですが、これはどういう事かというと「文字ツール」を使用して何かの文字を入力して、このレイヤーを「移動ツール」を使用して移動しようとして「V」を押すと、文字として「V」が入力されてしまいます。そのため一度「esc」で入力をストップ/解除することが必要なので、間に一度「esc」を押す動作を入れます。

まだまだ他にたくさんのショートカットや作業効率UPの方法はありますが、まずはこれだけを覚えただけでも格段に作業効率が上がりますので是非お試し下さい。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする