シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Office for MacのOutlookのみをアンインストールする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

またもや私のMacBookAirのストレージ容量が足りなくなってきました。Mac不要ファイル削除のフリーソフトDisk Diagも使いながら容量を節約していますが、どうにもこうにも追いつかなくなってしまってきたため、手作業にて不要なファイルとアプリの削除を実践中です。

ふと気が付くとOffice for MacのOutlook、こちら全く使用しておりません。私はMac標準の「メール.app」「カレンダー(Googleカレンダーと連携)」、「連絡先(Google Contactと連携):Gmailの連絡先です」を使用しており、これらを大層気に入っております。どう考えても将来的にもOutlookに乗り換える予定はないので、この際削除/アンインストールしたいと思います。



Office for Macのアンインストール方法

何となく、単純に「ゴミ箱」に移動するとおかしな事になりそうな予感がしたので調べてみましたが、どうやら単純に「ゴミ箱」に移動するだけで良かったようです。

参考:Office for Mac 2011 をアンインストールする方法

これで無事アンインストールが出来ました。ストレージの容量が足りなくなってきたからと行った行動ですが、全く使わないアプリはアンインストールしておいた方が良いかもしれません。アンチウイルスソフトのスキャンやSpotlight(PC内のファイル検索)などでも都度スキャン対象になっているかもしれないので、それだけでパフォーマンスが下がる要因の一つになっているかもしれませんし。。。実感できるレベルでは不要なアプリを無くす事で、必要なアプリのみが並んでいる状態は使い勝手も良好です。部屋のお片づけと同じ感じですね。

こういうお片づけは普段から定期的に実施するのは難しいものですので、今回の私のケースのように何かのきっかけがあった場合だけでも良いので、改めて全体を見直して、不要なファイルやアプリを削除する習慣を身につけてみるのも良いかもしれません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする