シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressにGoogleアナリティクスを設置したい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これを実現するための方法はたくさんありますが、おすすめは私の大好きなプラグインで対応する方法です。

プラグインなんか使わなくてもテーマのヘッダーとかに直接設置すればいいじゃんと考える人もいると思いますが、それはそれでいいんじゃないでしょうか。

ただ、もしもWordPressのテーマを変更したりした場合、もう一回そのテーマにも埋めなきゃいけないわけです。この際に忘れてしまっているってこともあり得ます。

それからもしもそのWordPressサイトが企業のサイトだったとします。でまあWeb担みたいな人がいて、その人が個人のアカウントのGoogleアナリティクスを直接ソース上に埋め込んでいたとします。そのWeb担が退職しましたーでもまだその人はGoogleアナリティクスで勤めていた会社のWebサイトの情報を取得できますーっていうのは問題です。で、後任の人がソースとか触れない人だったらまためんどくさいことになるのです。

この例、決して少なくないと思ってます。アナリティクスとかに限らず「前任の詳しい者が退職してしまい困ってます〜」みたいな声を聞く機会が結構あります。それで調べてみたら案の定アナリティクスが放置状態だったりね。

とこのように前置きが長いのですが、プラグインで設置する方法であれば、テーマに依存しないので直接テーマを触る知識と技術もいらないし、テーマを変えても何もしなくて良いわけです。

あと私的にはテーマ自体のソースコードはなるべく簡素にしておきたいという好みもあります。

google_analytics_by_yoast

プラグインのページ:https://wordpress.org/plugins/google-analytics-for-wordpress/

それでおすすめはこれと。もちろん他にもたくさんあるのですが、「WORDPRESS専門のエンジニアがおすすめするSEOのためのプラグイン」で紹介したプラグインとセットみたいなやつなのでおすすめなのです。

SEO系のプラグインだと、アナリティクスの設置という機能も包括しているものが多いんですが、こいつは別々のプラグインとして展開されています。それをめんどくさいと思う人は別のプラグインでいいと思いますが、こいつはそれぞれの機能を追求しているのであえて分ける必要があったんだと思います。

1つ特徴を挙げると、こいつを使うことによってGoogleアナリティクスのアカウントをWordPress自体に紐づけることができるようになります。これによりアナリティクスの基本的な情報がWordPressの管理画面内でみれたりするようになるのです。う〜ん確かにそんなことができるようにするためには1つのプラグインとして独立させないと無理っぽいね(=‘X‘=)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする