シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MacのHDDの使用状況を確認/可視化する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mac、特にMacBookAirの128GBモデルなんかを使用していると、いつの間にか容量不足になりがちです。そこで何か不要なファイルを削除して容量確保をしようと考え、まずは現状把握ということでHDDの使用状況を確認したいとする場合、標準装備では、

▼【メニューバーの「りんごマーク」 > このMacについて > 「ストレージ」】で確認できるコレ。

Mac hdd

「その他」が大半を占めている状態で、イマイチ詳細が分かりません。これでは具体的にどのファイルを削除していけば良いのかの判断がつきません。



容量が大きいファイルを詳細に探す方法

これを行うには無料アプリの「DiskWave」が便利です。インストール方法などの基本的なことは割愛して、インストールして立ち上げると最初は以下のような画面が開きます。

DiskWave

今回は容量の大きいファイルを探すので、右上の「Sort by Name(名前でソートする)」のところをクリックして、「Sort by Size」とします。

DiskWave 02

次に、調べたいデバイスや場所を選ぶのですが、今回は全体的にチェックしたいので、左側のメニューに見える「Macintosh HD」をクリックします。そうするとスキャンが始まりますのでしばらく待ちます。スキャンが終わったら以下のように表示されます。

DiskWave 03

▲このように何がどれくらいの容量を消費しているかを具体的に可視化してくれます。階層式に表現されているので、その階層を辿るようにチェックしたいものを順にクリックしていくと、

DiskWave 04

このようにどんどんと階層の深いところが表示されていきます。これで容量が大きく、不要なファイルを探していけば良いのです。

ファイルを消すにはFinderと同様に「command」+「delete」です。なお、この状態では削除したファイルは「ゴミ箱」に移動しただけですので、完全削除をしたいのであれば「ゴミ箱」を空にする必要があります。

これと同様+αのことができる有料アプリもあります。

不要アプリを安全に削除する方法

通常の不要ファイル(写真/動画/ドキュメント…)などで、それを消しても安全だと分かっているものならバンバン消していっても良いですが、中にはアプリに使用しているファイルで、それを削除すると危ないものが紛れている可能性もあります。

そんな場合はアプリをアンインストールすることで安全に削除できるはずですが、アンインストーラーのないアプリなどだと、ゴミ箱に入れるだけではちょっと不安が残ります。

そんな時なアプリを使ってアンインストールすると安心です。詳細はこちらにまとめていますので、ご参考までに。

おすすめのMac不要ファイル削除アプリ「CleanMyMac2」



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ななしさん より:

    DiskWaveの紹介ありがとうございました

    ものの見事にと言いますか、使わない音源ライブラリで 12GBも消費していました
    SSDの残りが10GBを切りそうな不安手になりやすい?状態でしたので助かりました

    ありがとうございました