シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iTunesのアルバムアートワークが消える現象

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録したはずのアルバムアートワークが消えてしまう現象がありました。心当たりはありまして、私の環境ではiTunesの「iTunes Media」フォルダの場所がNASなのです。原因はおそらくこれではないかと。

ちなみにNASというのは外付けのHDDの1つです。通常の外付けHDDと異なる点がありまして、このHDDはどれか特定のPCに接続されていたりはしません。常時電源ONで、ネットワーク上の1つのデバイスとして接続されます。なにやらややこしいですが、同じ建物内の同じLAN上に接続されているPCであれば、ネットワークに接続している限り、どこからでも接続できる共有HDDというイメージです。

詳しくは:おすすめの外付けネットワークHDD

つまり、私のiTunes環境では音楽などの元ファイルはiTunesのインストールされている手元のPC上には保存されておらず、常に外部のHDDを参照しているということです。



登録していたはずのアルバムアートワークが消えた

この原因はおそらく元ファイルがNAS上にあるからだと考えました。iTunesを使用しているPC上に元ファイルがあるのと違い、いちいちネットワーク上のファイルを参照しにいくわけですから、ネットワークの接続状況の影響が出やすいのです。

例えば電波が届きにくい場所では、LANの接続状況が悪くなってしまうとNASとPCとの接続は切れてしまいます。つまり元ファイルとの接続も切れてしまうので、音楽の再生が止まってしまいます。

PCを再起動した場合、再起動後直後にNASに接続はされずに少し時間を置いてから接続されます。恐らくはそういうタイミングで全ての情報を取りきれずに、アルバムアートワークの情報を取得できなかった…という感じなのだと思います。

消えたアルバムアートワークを元に戻す方法

Itunes

ちょうどここに運悪くアルバムアートワークが消えてしまったアルバムがあります。これは前日まで確かにアルバムアートワークが登録されていました。

これを元に戻すには、まずはこのアルバムをクリックして選択状態にします。

Itunes 02

注目したいのはこのアルバムの1局目です。「!」マークが先頭についていまして、これは元ファイルが削除された場合などに表示されるマークです。

この曲は削除していませんので、存在するはずです。どうやらNASの接続の問題か何かだという線は正しそうです。

Itunes 03

1曲目を選択した状態で右クリック > Finderで表示(Windowsなら「エクスプローラーで表示」かな?)とします。

Finder

Finder/エクスプローラーが立ち上がって元のファイルが表示されます。「!」が付いているのに、ファイルはちゃんと存在しますし、アイコンやプレビューを見るとアルバムアートワークも存在している感があります。

ここで再びiTunesに戻ります。

Itunes 04

すると、この通りアルバムアートワークがちゃんと元に戻っていました。1曲目の「!」マークも消えてます。

やはりネットワークの接続状況か何かだったのでしょうか。詳細な原因は不明ですが、とにかくアルバムアートワークを元に戻せたので良しとします。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする