シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Macの日本語変換の学習能力が低すぎる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Macの日本語変換といえば「ことえり」でしたが、Yosemiteから「日本語IM」となりました。

確かにことえりよりは良くなったと感じることもありますが、それでもやっぱり学習能力が低いと感じます。かなりの頻度で使っている変換のはずなのに、いっこうに変換候補の上位に表示されません。

例えば「※」は「こめ」と入力して変換しますが、やはり「米」が上位表示され、「■」も「しかく」で変換すると「資格」が上位表示されます。

変換直後は「※」や「■」が上位に表示されるようになるのですが、どうやら何かのタイミングでリセットされている様子で、しばらくぶりにその変換をしてみると、下の方に戻ってしまっています。



Google日本語入力

かなりの頻度で使う変換の場合、毎回シフトキーを連打するという行為だけでも時間のロスにつながります。そこで「Google日本語入力」を試してみることにしまし。

ダウンロードページ:https://www.google.co.jp/ime/index-mac.html

インストールはアプリをダウンロードし、ガイダンスに従い次々と進むだけでOKです。

ちゃんとインスールできているかどうかを確認するにはツールバーの右上の「あ」のところをクリックします。

nihongo_henkan

「英数(Google)」と表示されていればインストールは成功しています。またこの画面からGoogle日本語入力へと切り替えることができます。

それではこのGoogle日本語入力に切り替えて、試しに「こめ」を変換してみます。

kome

初期の状態では変換候補としては5番目でした。5番目の「※」を選んで一旦確定します。そして再び「こめ」で変換してみます。

kome_2

2回目の変換で1番目の候補となってることが確認できました。

Macの日本語変換で「Google日本語入力」をデフォルトにする方法

「Google日本語入力」を入れただけではやはりMac標準の「日本語IM」がデフォルトです。そのため利用したい場合は都度切り替え操作が必要になりますが、「Google日本語入力」を標準とすることも可能です。

環境設定 > キーボード > 入力ソース

nyuuryoku_source

一番上の「【あ】日本語」となっているものはMac標準の「日本語IM」です。これを選択した状態で左下の「-」をクリックすると削除することができます。

ちなみにここでいう削除はPCから完全に削除してしまうことではなく、この一覧から非表示とするだけですので、将来的に復活することも可能です。

復活したい場合は画面左下の「+」をクリックします。

nyuuryoku_source_2

言語の一覧が表示されますので、その中の日本語を選択し、さらにその中の「【あ】日本語」を選択して「追加」をクリック。これで元の状態に戻すことができます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする