シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Touch bar自体のスクリーンショットを撮影する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年のMacBook ProからTouch Barが搭載されました。実はこのTouch Bar自体のスクリーンショットを撮影する方法もあります。

そのショートカットがこちらです。

command + Shift + 6

↓このようにTouch Barのスクリーンショットが取れました。



スクリーンショット系のショートカットをおさらい

Touch Barモデルにより少しスクリーンショット系のショートカットも操作性が変わったようなのでおさらいしてみました。

画面全体のスクリーンショット

こちらは変わらずです。

command + Shift + 3

画面の部分的な箇所のみスクリーンショット

こちらもショートカット自体は変わらずです。

command + Shift + 4

このショートカットにより画面上に十字のカーソルが表示されるので、ドラッグして撮影範囲を指定することでその場所のみスクリーンショットを撮ることができます。

これの応用で、

command + Shift + 4

「十字のカーソル」が表示されたら、「スペースキー」を押す。

これにより、「十字のカーソル」が「カメラ」のアイコンに変わります。

↑これは特定の「ウィンドウ」だけを撮影することができます。この状態で撮影したいウィンドウをクリックすると、

↑このように特定の画面だけのスクリーンショットが取れました。

Touch Barモデルの場合

上記で紹介したショートカットはTouch Barモデルでもそのまま有効です。では何が変わったかというと、

command + Shift + 4

これをした後のTouch Bar上の表示です。

↑このように「選択した部分」、「ウィンドウ」、「画面全体」、「保存先(の選択)」というように表示されます。

「選択した部分」というのが「十字カーソル」、「ウィンドウ」というのが「カメラ」のアイコン、「画面全体」は文字通りでこれは「command + Shif +3」に該当するものです。

つまり結局のところ使い分けていたショートカットがこれ1つに統合された形です。

このショートカットを忘れてしまうことがあるのであれば、とりあえず「command + Shift + 4」だけ覚えておけば良さそうです。それに保存先を同時に変更できるのも便利です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする