シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iOS8.4の不具合

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいIOSがリリースされる度にiTunesからは通知されるアレ

ios8.4

性格が素直な人ならいつもすぐに「ダウンロードしてアップデート」しているんじゃないかと。でもそれはちょっと待った方がいい。

何故かと言うと、大体いつも不具合が出ちゃうから。

その不具合を治すためのアップデートじゃないのかよと思うんですが、なんか新サービスを入れることの方が優先されているのか、不具合はその次くらいのiOSで改善されるケースが多い気がします。

それで現在の最新iOS8.4ですが、巷で報告されている不具合をまとめると大体5つ位あるようです。

バッテリーの消費異常と発熱

元々iOS8系からバッテリー消費が激しくなっちゃってますが、これがiOS8.4で更に激しくなったとか。原因の1つとして考えられているのが新サービスの「Apple Music」。まあ機能が追加されたらバッテリー消費が増えるのもなんか分からなんでもないですがね。

Wi-Fi接続不良

これは前から(iOS8系以降)って感じなので、まだ改善されていないってことでしょうかね。確かに無線ルーターから5メートル位の距離なのにWi-Fiがすこぶる調子悪い時もあります。ほぼ同じ距離にあるPCは全然つながってるのにね。

アプリのアップデートができない

普通に考えるとそんなことは無いだろうと思いますが、たくさんの報告があがってるようです。個人的には通信状況が悪いタイミングとかで出来なかっただけなのを、タイミング的にiOS8.4のアップデートと結びつけちゃってるんじゃないかとも思いますが。

本当にできないなら致命的ですから、優先的に改善されるとは思います。

GPSの動作不良

具体的には位置情報を取得できなかったり、位置情報がズレるといったもの。一応それを改善できるかもしれない対策が3つほどあるようです。

GPSの動作不良の改善方法

iPhoneの強制終了

ホームボタンと電源ボタンを同時長押し、アップロのロゴ(りんご)がでたら指を離す。

→たまたまかもしれないけど、私はこれでズレてたのが直った気がします。まあ、GPSのズレなんてしょっちゅうありますけどね。

位置情報サービスのON/OFF
  1. 設定 > プライバシー > 位置情報サービス をOFFに
  2. ホームボタンと電源ボタンを同時長押し(強制終了)
  3. 設定 > プライバシー > 位置情報サービス をONに

ポイントは1回OFFにした後に「強制終了」をして、再びONにすることなのかな?

ネットワーク設定のリセット
  1. 設定 > 一般 > リセット
  2. ネットワーク設定をリセット

ミュージックプレイリストの曲が消える

原因と考えられているのが、iTunesとiPhone間での曲の同期がiCloud経由になったことらしいです。対策としてはiTunes上でのライブラリの再構築しかないとのこと。

とまあ、今回に始まったことではないですがiOSってのはリリースの度になんかしらの不具合が出ることが多いのです。なので、即アップデートする前にちょいと不具合の噂を探ってからどうするか判断したほうがいいと思う。

そんな時はツイッターで情報収集するのが便利かな(=‘X‘=)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする