シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WP External LinksでSNSシェアボタンまでアイコンがついてしまう時の対処方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前こちらの記事(http://anote.work/31)でWP External Linksというプラグインを紹介したことがありました。

私個人としては大変お気に入りで、WordPressでサイト構築するなら必須プラグインと言って良いほど毎回入れています。

ところがこれ、毎回にように困ることがあります。それが今回のテーマの「SNSなどのシェアボタンまでアイコンがついてしまう」という問題です。



なぜSNSシェアボタンまでアイコンがついてしまうのか

答えは簡単で、SNSなどのシェアボタンには外部サイトへのリンクが伴うからです。

例えば、Twitter(https://twitter.com/)とFacebook(https://www.facebook.com/)はいずれも外部サイトです。

シェアボタンにはこの外部サイトへのリンクの情報が含まれるため「WP External Links」がこれを外部サイトとして判断し、アイコンを付与してしまうのです。

SNSシェアボタンのみアイコンを付けないようにする方法

恐らくはこういった問題に対しても配慮しているのだと思いますが、「WP External Links」自体がこの設定ができる機能を備えてくれています。

WordPress管理画面:WP External Links >  Exceptions

「Exceptions」は日本語で「例外」です。つまり、外部サイトへのリンクだけれどもアイコンを付けたくない「例外」を指定することができるのです。

設定画面はタブになっているので、右から2番目のタブをクリックします。

↑設定するのは「Exclude external link by URL:」です。ここで除外したいURLを入力するのです。

例で「feedly.com,twitter.com」と入力しているように、複数のURLを設定する場合は「,(コンマ)」もしくは説明文にも書いているように「line break(改行)」して設定します。

設定が終われば画面下部の「変更の保存」をクリックして完了です。

設定前後の確認

設定前

ツイートボタンにアイコンがついてしまっています。

設定後

ツイートボタンのアイコンがなくなっているのが確認できました。

ちなみにこの設定はURLとなっていますが、「https://」などを除外したドメイン部分だけでもOKなようですしたので、私の場合はそのサイトが「http://」から「https://」になっても、この方がきっとそのまま対応できるんだろうと思ってドメイン部分だけにしています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする