シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookの基本機能(どんな機能があるの?)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookもその登場以来、様々な機能改善や仕様変更が成されてきました。今では非常に多くの機能があるため、それらすべてを使いこなすのは大変ですが、今回紹介する4つの基本機能さえ抑えておけばまずは大丈夫です。



Facebookの基本構造を再確認

早速基本機能の紹介と行きたいところですが、Facebookをよりスムーズに使いこなせるように今一度確認しておきたいことがあります。

それがFacebookの基本構造です。これは一体どういうことかと言いますと、Facebookというのはホーム画面があり、それにぶら下がる形でそれぞれの利用者が存在しています。

これはFacebookのURLに注目してみるとよく分かります。

https://www.facebook.com/ ←ホーム
┗https://www.facebook.com/username ←利用者の名前など

ホームというメインのページがあり、その配下に利用者のメインページがあるという構造です。

ホーム

これは自分自身、友達、自分がフォローしている人の情報が流れる場所です。

普段意識することはないと思いますが、Facebookは完全会員制のサイトです。そのためここで流れる情報は会員限定のもで、かつ自分がその情報を受け取る権限があるものだけとなります。

つまり利用者ごとに見える情報は異なります。

ユーザーページ

正式名称は不明ですが、便宜上「ユーザーページ」と呼びます。

実は今回紹介する基本機能というのはこのページにある機能になります。

これらの機能の多くはユーザーページ上からだけでなく、ホーム画面上からも実行できるものばかりですので、あえてユーザーページに移動する必要はありませんが、

  • ホーム:情報収集の場
  • ユーザーページ:情報発信の場

このように考えて使い分けると機能とその使い方の理解がしやすくなります。

Facebookの4つの基本機能

この4つの基本機能はページ上部(自分自身の写真とその名前の直下)に配置されています。

これはPC版でして、スマホ版は少し異なります。

スマホの場合はアプリもあり、またその画面は若干異なりますが、基本となる機能は同一です。

機能一覧

タイムライン 基本データ
タイムラインというのは、文字通り時系列で、自分自身の投稿した内容が時系列で表示されます。情報収集の場と言えます。

「タイムライン」の詳細

これはいわゆるプロフィールです。他のユーザーに見られるところですので、載せる情報は慎重に決めるのが良いでしょう。

「基本データ」に関する詳細

友達 写真
Facebookは友達と繋がるためのツールです。ここでは新しい友達を追加したり、既に追加済みの友達を探したり、あるいは友達関係を解消したりします。

「友達」の詳細

写真と表記されていますが、これには動画も含まれます。ここでは写真や動画を投稿したり、あるいは削除したりできます。

1つ覚えておくと良いことがあります。それは、ここでは自分が投稿した写真だけが掲載されているのではなく、他人の掲載した自分が写っている写真も含まれる可能性があるということです。

「写真」の詳細

タイムライン

自分の投稿内容のみが表示されるので、過去の投稿の振り返りができます。

削除したい投稿がある場合もここから実行できます。

操作ミスなのか、通信回線が原因なのかは不明ですが、Instagramの連携で、稀にに意図しない投稿がされてしまったり、投稿が重複して同じ写真を2枚投稿してしまったりすることがありました。

そのような場合はここから削除するようにしています。

基本データ

まず重要なことを先に言いますと、Facebookは「実名」の使用が義務付けられています。

もしも偽名やニックネームであれば、アカウント削除の対象となってしまいますので、現在偽名やニックネームを使用している方は実名に変更しましょう。

これはあまり知られていないのですが、Facebookの名前の変更回数には上限があります。結婚などにより姓が変わる事があるので、数回(2~5回前後と想定される)は可能です。その上限を超えて変えようとするとアカウントが停止されてしまいますので気をつけましょう。

※万が一アカウントが停止された場合はこちらが参考になります。

友達

Facebookの友達検索機能は非常に優れています。

例えば一般的なWebメールでは、友人達の連絡先(アドレス帳)を保存しておく機能があります。Facebookはそのアドレス帳と連動し、もしもそのメールアドレスの中にFacebookアカウント用に使用されているものがあった場合は、それを介して友達に招待することができます。

↑現在サポートされているのはこれらのサービスです。これらの連絡帳から友達を探せるということです。

なお、Facebookはこれらの機能を使用せずとも、独自の仕組みで繋がりがあるだろうと思われるユーザーを、「知り合いかも?」と尋ねてくる機能があります。

そのため友達探しはあまり意識せずとも自然と繋がりが増えてくるはずです。

写真

Facebookでは写真・動画の投稿が中心といっても過言ではありません。そのためこちらのページからこの機能を利用する機会は必然的に多くなりそうですが、案外そうでもありません。

なぜなら、多くの場合は「タイムライン」から写真・動画を投稿することが多いので、わざわざ「写真」のページへ移動する機会は少ないはずです。

しかし、時折チェックしてみるのも良いと思います。なぜかと言いますと、この写真は必ずしもあなたが投稿した写真だけが表示されているわけではないからです。

↑「あなたが写っている写真」と表記されています。その隣の「あなたの写真」が自分で投稿した写真であるのに対して、「あなたが写っている写真」には他人が投稿した写真も含まれるのです。

これはあなたの友達が、あなたの写真を投稿する際にタグ付けをしていることが原因です。

↑これは「あなたの写真」の画面です。ここではあなたが投稿した写真が表示されますが、「写真に友達をタグ付けしましょう。」と表記されています。

タグ付けというのは、この写真のこの人は「●●さん」ですと「名札を貼る」ようなものです。これをあなたの友達がしていたとすると、自分が投稿したものでもない写真があなたとしてFacebook上で掲載されることとなります。

もしかすると自分の望まない写真が掲載されてしまっているかもしれません。その場合は自分自身で「タグを削除」することは可能です。

これによりタグの削除はできるのですが、この写真自体が削除されるわけではありません。この写真の削除もしたい場合は、投稿者に直接連絡をして削除する依頼をする必要があります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする