シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iOS7はフラットデザインに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Appleのチーフデザイナーであるジョナサン・アイブがハードだけではなく、今度はソフトのデザインも手がけるとのこと。そしてそのソフト(iOS7)はフラットデザインになる(既に試作機ではそう)らしいです。

そんな噂を受けて、既にこんなビデオも出回ってます。

※こちらは想像を元に作られたもので、appleの発表とは無関係ですのでご注意を。

世の中の流れは完全にフラットデザインですね。個人的にも好きですが、少し懸念していることもあります。

これまでiPhoneのインターフェースとは「skeumorphismデザイン」と呼ばれるもの。skeumorphismデザインとは実物に似せたデザインのこと、例えばメモ帳とかは実物のメモ帳のようなデザインが元になっています。

memo

更に実物チックなところを部分的にちょっと切り取ってみます。

memo 2

この部分、メモの切れ端を表現しているのです。Macとかのメモ帳の方がもっとはっきり見えますが、iPhoneでもこういう表現しているんですよね。

この部分、なくても機能的に困る人はいないでしょうが、こういうディーテイルへのこだわりがAppleのデザイン性の良さの1つなんじゃないかと考えたりもします。遊び心とでもいうんでしょうか、何気なデザイン、好きだなぁ…

機能的にという事で考えれば、メモ帳のこれは意味は無いかもしれませんが、ボタンなどの押せる部分が立体的ってのは分かりやすいのです。あと、検索ボックスなどの入力フォームは凹んでいるとか、なんでもかんでもフラットにしちゃうと押せるかどうか分からない、使いにくい〜なんてことも出て来そうです。

流行のフラットデザインも結構ですが、機能的な分かりやすさを保持したままAppleらしいディーテイルへのこだわりは失わないで欲しいですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする