シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Analyticsとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Analyticsとは、米Google社が無償で提供する高機能なWEBサイトのアクセス数などの解析ツールです。

機能は非常に豊富ですので、日常的にすべての機能を使用することは少ないと思いますが、こちらのツールを使用して定期的にチェックしたい項目を列挙すると以下の通りとなります。

  • 訪問
  • ページビュー数
  • キーワード
  • 上位のコンテンツ
  • コンバージョン

上記の5点を定期的にチェックすることにより、WEBサイトの概ねの健康状態が把握できます。

それでは各項目の数値をどのように見ていけばよいかを具体的に説明していきたいと思います。

訪問

「訪問」とは、そのサイトに訪れた人数を表します。各自のパソコンの設定(データが取得されること拒否をしている)などにより、計測されないなどのケースもありますが、そのような方は全体の中では少数派ですので、概ね正確であると捉えて良いでしょう。

基本的には訪問数が多いことは望ましいですので、サイト運営を行っていく上では定期的にチェックしておきたいものです。特に何かの広告をした、メディアに取り上げられたなどの時には増加数をチェックするとそれらのプロモーション活動の成否の判断材料となりえます。

ページビュー数

インターネット用語ではPVと省略されることも多いです。WEB担当者と呼ばれる方々の間では省略系で呼ばれることもしばしばです。意味としては「見られたページ数」となります。サイトの目的によっても異なりますが、訪問数よりもPV数によってそのWEBサイトの価値を判断される事もあります。

例えば以下のA、Bのサイトが存在したとします。

  • A:訪問・・・1,000、ページビュー数・・・1,000
  • B:訪問・・・500、ページビュー数・・・2,000

Aのサイトの方がBと比較すると2倍の訪問があります。お客さんがたくさん集まっていて一見より良いように思えますが、ページビュー数を比較するとBは2倍です。

もしも該当のWEBサイトがより多くのページ(コンテンツ)を見てもらいたいサイトであれば、Bの方が優秀なサイトであると言えます。その為、広告業界においてはページビュー数でWEBサイトの値打ちを語られることも多々あります。ページビュー数は、広告の露出回数と置き換えられる事が言えるからです。

多くのサイトにおいて言えることは、やはりページビュー数が多い方が、訪問者が多くのコンテンツに対して興味を持ってサイト内を閲覧しているということですので、「良い」と言える傾向にあります。しかし、時にはサイトのナビゲーション(各ページへの誘導方法)が悪いため、訪問者が迷って無駄にページビュー数を稼いでしまっているという事もあり得ます。各サイトの現場に応じて適切な分析を行う必要があります。

キーワード

キワードとは、検索エンジン(Google、Yahoo)において訪問者が検索に使用したキーワードです。キーワードからは訪問者の目的が読み取れたり、現在そのサイトがどのようなキーワードで検索エンジンの検索結果で表示されるのかをつかみとることが出来ます。

検索エンジンからの流入は、全体の訪問者数の中では大きな割合を占めるケースがほとんどですので、キーワードを知ることはとても重要なことです。

上位のコンテンツ

上位のコンテンツとは、そのサイトの中のコンテンツ(ページ)の中でたくさん見られているコンテンツの事を指します。訪問者が特に興味を持って閲覧しているページを知ることが出来たりもします。

別のケースでは、上位のコンテンツは特定の「キーワード」で検索結果の上位に表示されている事も多々あります。検索結果は必ずしもサイトのトップページのみが表示されるわけではありません。末端の1ページも表示されるのです。そのページが何らかしらの理由で特定のキーワードにて上位表示されるため、結果的に多く閲覧されているのです。

いずれにせよ、サイト内で閲覧数の多いページというのは知っておくことによりメリットはあります。例えばそのページが結果的に閲覧数が多いのであれば、本来見て欲しいコンテンツを追加したり、見て欲しいコンテンツのページへのリンクを設置して誘導するなどです。

コンバージョン

コンバージョンとは、そのサイトの最終目的のことを指します。最終目的はサイトの種類によっても異なります。コーポレートサイトの場合は「問い合わせ」であったり、ECサイトの場合は「商品購入」です。

コンバージョンの計測には追加の設定が必要です。詳細な設定方法は別の機会に触れますが、簡単に説明すると、目的が達成された際に表示されるように設定されているページに、タグと呼ばれるGoogle Analyticsから発行されるコードを設置するのです。

「問い合わせ」であれば、メールの送信ボタンをクリックした後に表示されるようにしている「お問い合せありがとうございました」というページ。「商品購入」であれば、「ご注文ありがとうございました」というページになります。それらのページが表示されたことにより、サイトの最終目的が達成されたとみなされて、コンバージョンは「1」発生されたとカウントされるのです。

ちなみに、コンバージョン数÷訪問者数=コンバージョン率(CV率・CVR)と呼ばれます。この値はサイトの健康状態、特にはナビゲーション(サイト内の誘導)もしくは、サイトコンテンツの質が良いか悪いかの判断に用いられたりもします。ECサイトにおいては、一般的に1%以上が健全なサイトであると言われています。つまり100人の訪問者がいて、その内1人以上お買い物してくれるということです。

ただし、この数値も取扱い商品の種類(希少性や人気度)によっても大きく変動しますので、それぞれのサイトの適正値を知り、それを基準に評価していくことが重要です。

Google Analyticsに関する詳細は公式サイトでも確認することが出来ます。
http://www.google.com/intl/ja/analytics/



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする