適正湿度とおすすめの加湿器

適正湿度とおすすめの加湿器

適正湿度

夏は湿度が高く、冬は湿度の低い日本では快適に過ごすためには湿度のコントロールが重要ですが、これには数値化された適正湿度があります。

 40%未満  口腔粘膜が乾燥する、インフルエンザウィルスの生存率が高い、 静電気が生じやすい
 40%以上70%以下  適正(建築物衛生法の管理基準値)
 70%を超える  汗の蒸散を妨げ不快感が生じる、カビの生育が早い、ダニの生育 が早い

季節に関わらず40%以上70%以下が適正湿度ですが、特に冬場はインフルエンザが流行します。このインフルエンザウイルスは湿度が50%を超えると激減します。しかし70%を超えると不快感を感じるほかカビやダニの繁殖を促してしまいます。

  • 肌に良い湿度:60〜65%(50%を下回ると、お肌がじわじわと乾燥)
  • ドライアイ予防:50%以上
  • 人が快適に寝ることができる室内の湿度:50〜70%
  • インフルエンザ:50%以上でウィルスが激減
  • ダニカビの発生:70%以上

これらを鑑みて、目指す湿度は多少の誤差を考えると「65%」がベストと言えます。

湿度の測り方

温度もそうですが、湿度も室内の場所によって前後します。

例えば冬場の窓際だと外気が混ざるため湿度が低く、浴室に近いところなどは湿度が高い傾向にあります。また湿度計自体も誤差があるため、正確な湿度を把握することは困難です。

そのためこだわる人は湿度計を2つ用意して、その平均値で考えるそうです。

我が家では湿度計の老舗ブランドで老舗ブランドのEMPEXを使用しています。これは温度計と湿度計がセットになっており、本体も木製で高級感があり、インテリアにも馴染んでいます。価格もリーズナブルです。

我が家ではダイニングキッチンが部屋のほぼ中央にあるのでこれを部屋全体の平均と考えて、この湿度計を置いています。それに加えて加湿器にも湿度の表示がされるので、この2つを比較して湿度を把握しています。

加湿器の選び方

加湿器のタイプを知る

加湿器には仕組みの異なる複数のタイプがあり、それぞれ一長一短があります。

  • 気化式:吸い上げた水を風邪で拡散させる方式
  • 超音波式:超音波で水分を粒子化し、空気中に拡散させる方式
  • 加熱式(スチーム式):水を沸騰させて蒸気として水分を拡散させる方式
  • ハイブリッド式:沸騰させた水を超音波で微粒子化して拡散させる方式
加湿力 消費電力 蒸気温度 静音性
気化式 ×
加熱式(スチーム式) ×
超音波式
ハイブリッド式(超音波+加熱)

近頃最も多いタイプは超音波式です。安価なのが人気の理由だと思いますが、これはあまりおすすめしません。

我が家でも以前までは安価な超音波式を使用していましたが、肝心の加湿力が低く、あまり役に立っていたとは思えません。フル稼働させても湿度計で50%を超えることがなく、その上加湿器付近の床が水浸しになっていました。

加湿器に最も必要とされるのは加湿力ですので、選ぶべきポイントはこの加湿力だと思います。

そうすると加熱式かハイブリッド式の二択となります。その他のタイプは寝室などでの補助的な目的として使うのであれば良いと思います。

加湿力が最も高いのは加熱式ですが、これは高熱の蒸気が出るため小さな子供やペットがいる家庭だと心配です。

諸々を鑑みると、良いとこどりをしたハイブリッド式が最もおすすめです。

おすすめの加湿器

この加湿器のおすすめポイントは4つあります。

  • タンク容量が6リットルと大容量
    (全開でも1日1〜2回の給水でOKです。加湿器の給水は思いの外面倒ですのでありがたいです。)
  • 湿度設定ができる
    (目標の65%を設定できます。これがないものは感覚的に加湿量を調整していたので正確性に欠けます。)
  • 湿度設定によるオンオフの自動運転
    (この機能は大変重宝しています。設定湿度の65%を超える場合は自動的にオフになり、これを下回るとまた自動的に動くため、常に適正湿度を保てますし、無駄な稼働が減るので給水回数が少なくなります)
  • 蒸気の温度設定が3段階で調整可能
    (比較的暖かい日などは高めの温度設定としているだけで暖房が要らない時もあります。小さな子供やペットが心配なら温度を低めに設定することもできます)

タイマー設定という機能もありますが、これは全く使っていません。就寝時にセットするなどの使用方法が考えられますが、我が家の場合は湿度設定+自動運転のため、就寝中も適度にオンオフが切り替えられるので付けっ放しとしています。

就寝前にタンクを満タンにしておけば、起床時も空になっていることもなく、起床時に喉が痛いなどは皆無です。

管理人の日記カテゴリの最新記事