ノートPC冷却台

ノートPC冷却台

夏の暑い時期は特に注意!ノートPCには冷却対策を

PCは熱に弱いことはご存知の方も多いでしょう。特にノートPCは注意が必要で、毎年暑い時期になると故障が相次いで仕事上の支障が出てしまうという話もチラホラ聞きます。

PCは電気を大量に使用します。特にPCの頭脳であるCPUの電気使用量は多く、その分発熱量も多くなります。そのため、CPUには冷却ファンがついており、頑張って冷却するのですが、それでも追いつかないことも多々あります。

ノートPCは熱のこもりやすい構造

デスクトップPCのふたを開けたことがある方ならご存知だと思いますが、デスクトップPCは結構中身がスカスカ状態です。これは熱がこもらないように意図的に空洞を確保しているのです。一方のノートPCは持ち運びやすいコンパクトさが求められるので、放熱のための空洞を確保できません。そのため、ノートPCの方が熱には弱く、暑い時期に故障してしまうのは圧倒的にノートPCが多くなります。

ノートPCが故障してしまうことのリスク

ノートPCが故障してしまうと、まずは修理が終わるまではPCが使えません。大切なデータが入っていたとすると、修理するまでは取り出せません。取り出せた場合はまだ良い方で、そのデータ自体が消失してしまっている可能性もあります。

それから熱による故障の場合は、マザーボードと言われるパーツまでダメージを受けてしまっている可能性あります。このマザーボードというパーツはPCパーツの中では高額なものに分類され、通常パーツ代だけで5も万円前後かかります。それにプラスして工賃が必要なので、修理だけで10万近く掛かってしまうケースもあったりします。

そうなってしまわないように、事前に熱対策をするためのツールの1つがノートPC冷却台(クーラーパッド)なのです。

SANWA SUPPLY TK-CLN7USV ノート用クーラーパッド

こちらは放熱性の高いアルミ素材のクーラーパッドです。Macのノートと同素材なので、Macの利用者には見た目の相性も◎ですが、奥行きが多めなので13インチのMacだと滑り止めのゴム部分がどちらか一方ははみ出てしまう点が少々残念です。もう少し大きめのノートPCまでカバーできるようにとの配慮でしょうか。

超静音との謳い文句ですので、音量はまずまず小さい方です。環境にもよりますが、日中は周りの音に紛れて気が付かないレベル。静かな時間帯になると気になる方もいるかもしれませんが、そういう時間帯は大体気温自体も下がっているので、風量調整をすれば気にならないかと。

電源はノートPCのUSBからです。このクーラーパッド自体にUSBが2つ付いているので、USBの差し込み口が増えるような錯覚に陥るかもしれませんが、動作させるためにPC側、クラーパッド側それぞれで1つずつ使用するので、実質的には増えません。ノートPC側で1つ使っても、クーラーパッド側で1つ残るので、プラスマイナスゼロということです。

冷却能力はというと、十分体感できるレベルです。試しに使用時・未使用時を比較してみると、未使用時は本体の特に裏側が熱いと感じる時もあると思いますが、使用している場合は場所によってはひんやりと感じる場合も。熱くなりやすい場所でも暖かいというレベルです。

人気商品のため、熱さが本格化する夏の時期には売り切れている場合もあるので、早めに入手しておくと安心です。

管理人の日記カテゴリの最新記事