Facebook、メールやチャットを一元管理できる新「Messages」を発表

NO IMAGE

FacebookMessages

米Facebookは11月15日(現地時間)、コミュニケーションツール「Messages(メッセージ)」の機能を刷新し、総合的なコミュニケーション管理ツールにアップデートしたと発表しました。

メール、チャット、テキストメッセージなどの手段を意識せずに相手とコミュニケーションでき、その履歴が相手ごとにまとめられます。

新しいMessagesではFacebookのメッセージだけでなく、チャット、テキストメッセージ、メールを扱います。メールを利用するためには「@facebook.com」のドメインで新たにメールアカウントを設定する必要があります。新たに取得するアカウントでもGmail、Yahoo!メール、Hotmailなども受信できます。

このMessagesでやり取りする情報は「Social Inbox」で相手別にまとめられます。つまり、ある特定の人物と様々な手段(チャット、テキストメッセージ、メール)で情報交換をしたとしても、それが全て時系列で表示される仕組みです。

普段私たちは使用用途によってメールやチャットを使い分けていますが、時としてどちらのやりとりが先か後かを見失ったり、もしくはそのメッセージの受信自体も見失う可能性もありました。

この新しい仕組みにより、該当するいずれの手段で情報を受け取っても一元管理できるというのは画期的です。

ビジネスシーンにもフル活用できる

また、新しいMessagesプラットフォームにおいてはMicrosoftのオンラインオフィススイート「Office Web Apps」のドキュメントも閲覧できるため、Word・Excel・PowerPoingのドキュメントを1クリックで表示出来るようになります。

期待の高まる新機能ですが、導入は段階的に進められているため、全てのユーザーが利用出来る状態は数カ月先になるとの見通しです。現在は招待制で、招待されたユーザーは友達を招待できます。

インターネットカテゴリの最新記事