既にホームページを持っているならレンタルカートを活用しよう

NO IMAGE

まず、レンタルカートについてはこちらをご参考に

参照:レンタルカートとは

簡単に言うと「カートだけを使う」というサービスです。ほとんどのネットショップ構築サービスが、サイト自体を制作する機能を持っているので、既にホームページを持っている方は導入で迷うこともあり得ます。

そういった場合は今あるホームページ上に買い物機能だけを付け足すことの出来るレンタルカートを使うと、既存サイトも活かしつつ、ネットショップへと変身させることが可能です。

この場合留意しておきたいのが、やはりレンタルカートはネットショップ全体を構築するシステム(ASP)よりは機能面で劣ってしまうことが多いということです。そのサービスによりけりですが、以下の機能が不足、もしくは劣ってしまう傾向にあります。

  • 会員機能:会員登録ができない、登録数上限が低いなど
  • メルマガ機能:配信ができない、配信数上限が低いなど
  • 陳列機能:ランキング表示、新着表示、おすすめ表示…ができないなど

なお、上記に加えて定期購入などには対応しているものは現時点では無さそうですので、定期購入目的のネットショップ制作であれば、定期購入機能を備えたASPを選択する必要がありそうです。

この場合、ホームページとネットショップがそれぞれ独立した形になりますが、この場合は割り切って完全にお買い物サイトとして構築してあげるとユーザーにとっても利便性の高いサイト運営ができます。

  • ホームページ:会社のイメージUP,商品の紹介など、ブランディングに特化したサイト作り
  • ECサイト:とにかくお買い物がしやすい、分かりやすい導線を意識したサイト作り

このようなイメージで、目的を明確に切り分けたサイト構築を意識することが重要です。

ECサイトカテゴリの最新記事