サイトを常時SSL化した際に必要なGoogle Analyticsの設定変更

サイトを常時SSL化した際に必要なGoogle Analyticsの設定変更

Google Analyticsの設定変更は2つ

以前からGoogle Analytisを利用している方で、途中からサイトをSSL化したという方はGoogle Analyticsの設定変更も必要です。これはうっかり見落としてしまいがちなことなので、この際再チェックすることをお勧めします。

設定変更1「プロパティの設定」

Google Analyticsの管理画面にログインし、まずは左下の歯車アイコン「管理」をクリックし、プロパティ設定へと進みます。

デフォルトのURLという箇所の「http://」をクリックすると、ドロップダウンで「https://」が表示されるので、これを選択して保存します。

設定変更2「ビューの設定」

次にビューの設定へと進みます。

ここではウェブサイトのURLという項目です。これも手順は先ほどのものと全く同じですので「https://」として保存して完了です。

たったこの2つの設定で完了しますので、SSL化をするならば後回しにせずに即時対応することをお勧めします。

インターネットカテゴリの最新記事