Mail.appで迷惑メールを自動的に選別する方法

  • 2018.11.08
  • Mac
Mail.appで迷惑メールを自動的に選別する方法

Mail.appは初期状態では迷惑メールは自動選別されません

Gmailをお使いの方だとご存知だと思いますが、Gmailは迷惑メールを自動的に判別し、「迷惑メール」というフォルダに自動的に選別してくれます。

ところがMacの標準の「Mail.app」は迷惑メールを選別する機能はありますが、初期状態ではこれはOFFになっている場合があります。

この場合、この機能をONにする必要があります。

Mail.appの迷惑メール機能を有効にする

メール > 環境設定 > 迷惑メール

Mail.appが立ち上がっている状態で「メール > 環境設定」と進みます。

「迷惑メール」のタブをクリックします。

最上部の「迷惑メールフィルタを有効にする」にチェックを入れればこの機能が有効になるのですが、このままだと迷惑メールとしては判別されるものの、これらのメールはたのめーると同様に「受信トレイ」で受け取ることになります。

迷惑メールを自動的に選別したい場合は次の項目の「迷惑メールを受信したときの動作:」で、「”迷惑メール”ボックスに移動」にもチェックを入れます。

これでMail.appも迷惑メールを自動判別、自動選別してくれるようになります。

迷惑メールではないものを受信トレイで受け取りたい場合

私の経験では、この機能は精度が高いため、誤って普通のメールが迷惑メールとして判断された例は記憶にありません。

しかし万が一普通のメールが迷惑メールとして選別されてしまった場合、これを解除する方法もあります。

迷惑メールの指定を解除したいメールを開くと「迷惑メールではない」というボタンが確認できますので、これをクリックでOKです。

Macカテゴリの最新記事