Amazonを騙った迷惑メールに注意

最終更新日

Comments: 0

Amazonからこんなメールが届きました。

Аmazon お客様

残念ながら、あなたのアカウント

Аmazon を更新できませんでした。
これは、カードが期限切れになったか。請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。
アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため

Аmazon 情報を確認する必要・ェあります。今アカウントを確認できます。
Аmazon ログイン
なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。

パスワードを変更した覚えがない場合は、至急(03)-5757-5252までお電話ください。

お知らせ:
パスワードは誰にも教えないでください。
個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。
オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

どうぞよろしくお願いいたします。
Аmazon

しかしこれは絶対に相手してはいけません。恐らくこれはクレジットカードの番号を盗む事を目的とした迷惑メールだからです。

嘘である事を見抜くポイント

メール文面のそこかしこにおかしな点が見受けられます。

1)自分の本名ではなく、「Аmazon お客様 」となっている点

本当のAmazonには実名で登録しているはずです。そしてこれまで受け取ったAmazonからのメールを見返してもらえれば分かるのですが、必ず●●様と、本名宛に送られてきます。

2)文章が所々おかしい

まず冒頭の「あなたのアカウントАmazon 」から?です。

「アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため」の「…故に、」からの「…ため」の繋がりがおかしい

続いて「Аmazon 情報を確認する必要・ェあります。」の「必要・ェ」に至っては、全く何のことか分かりません。もしかするとこれは文字化けの類かもしれないですね。(元は中国語?)

「今アカウントを確認できます。」も、一般的な日本人ならこんな表現をしません。英語的の「check … now」を直訳した感じです。

細かいですが、「Аmazon 」の先頭の「А」だけ、どうやら通常のアルファベットの「A」とは異なるようです。ぱっと見は分からないですが、データ的には異なるようでして、ロシア語なんかで使われているやつのようです。ロシア寄りの地域在住の中国人の仕業?なんて推理をしてみたり。

他にも多少不自然に感じたところもありますが、まあそんなところですね。

3)メールアドレスがおかしい

「obama@amazon.co.jp」これは偽装しているはずですが、ドメインはちゃんと「amazon.co.jp」になっています。

しかし「obama」の部分はふざけていますね。軽い冗談のつもりかもしれませんが、こういうところでふざけるのは軽はずみです。

わざわざ手間のかかる偽装をしているということは、メールアドレスをチェックする人間に対しての対策です。そこまでチェックするに人間に対してならもう少し細かな配慮をすべきなのですが、そこでふざけているためバレバレになってしまいます。これは全く無駄な労力です。

その他

「Amazon ログイン」のリンク先は「https://subscriber.foorwi.com/…」となっていました。もはやAmazonとは無関係です。

「至急(03)-5757-5252までお電話ください。」の番号は今は使われていないようですが、かけないほうが無難です。(このメールに記載する意味はあるのだろうか)

aNote

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする