EC-CUBEのGoogle Analytics(グーグル・アナリティクス)設置方法

EC-CUBEのGoogle Analytics(グーグル・アナリティクス)設置方法

EC-CUBEでは残念ながらデフォルトでは「Google Analytics(グーグル・アナリティクス)」を簡単に設置する機能はありません。したがって、設置をしたい場合は直接ソース内に書き込む必要があります。

Google Analyticsのコードは全ページに設置する必要がありますので、簡単な方法としては「フッター」に直接書くという方法があります。フッターであれば全ページに共通して表示されるので、後からページを追加してりしても再度コードを設置するなどの手間もかかりません。

具体的な方法

※手順はEC-CUBE2.1系ですが、基本的には大きく変わりはないので他のバージョンでも応用できると思います。

  1. 「Smarty」>「templates」>「使用中のテンプレート名のフォルダ」と進む
  2. フォルダ内の「footer.tpl」を開く
  3. 「<!–▼FOOTER–>」から「<!–▲FOOTER–>」の間にAnalyticsのコードを貼り付ける
    ※場所は基本的にどこでも良いです。
  4. 「footer.tpl」ファイルを保存してアップロードする

以上で設置は完了ですが、念の為にWEB上でサイトを表示し、ソースを直接確認するとよいでしょう。またGoogle Analyticsへのデータの反映は翌日からですので、Google Analyticsの管理画面上で正常に機能しているかどうかを確認しましょう。

Google Analytics目標の設定方法

せっかくAnalyticsを設置するのであれば、目標の設定もしておきましょう。目標とはしばしばコンバージョンと呼ばれ、そのサイトでの目標を意味します。

目標には数種類あります。ECサイトの場合では大半が「商品の購入」ですが、続いて「会員登録」や「問い合わせ」も挙げられます。EC-CUBEでの設置は以下の通りとなります。

注文完了の目標設定

  • Analytics 設定 > プロファイル設定 > 目標設定
  • 目標名:注文(任意の名称を付けれます)
  • 目標タイプ:URL へのアクセス
  • マッチ タイプ:前方一致
  • 目標 URL:/shopping/complete.php
    ※実際のURLは http://ドメイン/shopping/complete.php となりますが、入力はドメイン以後だけとなります。

上記の設定内容で、もし注文が1つ入れば「注文」のコンバージョンは「1」と計測されます。
なお、より詳細なサイト分析を行いたい場合は「目標到達プロセス」の設定もしておくと良いでしょう。

注文が正式に完了するためには幾つかのステップが必要です。住所入力から決済方法の選択、注文内容の確認…これらのステップを全て経て、最後に「OK」をクリックして初めて注文が確定します。

この「目標到達プロセス」を設定しておけば、どのステップで訪問者が止めてしまった(離脱してしまった)のかを知ることが出来ます。それを受けてより使い勝手のよいサイトへと改善するために役立ちます。

目標到達プロセスの設定方法

  1. ステップ1
    URL:/cart/
    名前:カート画面
  2. ステップ2
    URL:/shopping/deliv.php
    名前:お届け先の指定
  3. ステップ3
    URL:/shopping/payment.php
    名前:お支払方法・お届け時間等の指定
  4. ステップ4
    URL:/shopping/confirm.php
    名前:ご入力内容のご確認

ECサイトカテゴリの最新記事