シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Perianのアンインストール方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Perianに限らずなのですが、拡張子が「.prefPane」のアンインストールは通常のアプリのようなアンインストール方法ではありません。

拡張子が「.prefPane」のものは「環境設定」の拡張機能のようなものなので、実行されるファイルは通常のアプリケーションフォルダには入っていません。これをアンインストールするためにはその実行ファイル(拡張子が「.prefPane」)を直接削除し、OSを再起動する必要があります。

さて、そのPerianの実行ファイルは下記にあります。

/Users/★USERNAME★/Library/PreferencePanes/Perian.prefPane

「★USERNAME★」はご自身のユーザー名に置き換えてください。



「フォルダの場所入力」使って簡単に目的のファイルにアクセスする方法

慣れている方なら上記を「フォルダの場所」にそのままコピペして一発で目当てのファイルを削除できると思いますが、その方法をご存じない方は、下記の記事にてその具体的な方法を説明していますので、そちらをご参照ください。

MouseZoomのアンインストール

▲「MouseZoom」も「Perian」と同様に拡張子が「.prefPane」なので、アンインストール(削除)方法は全く同じなのです。

補足ですが、より確実にファイルを削除したいなら、こちらを導入しておくのも良いかも?

Mac不要ファイル削除アプリ「CleanMyMac2」おすすめ!

このツールを入れておくと、先ほどのファイルを直接削除しようとすると自動的にこのツールが立ち上がってくれます。このツールをインストールしておくと、通常のアプリを昔のMacのようにそのままゴミ箱に突っ込んでアンインストールしようとすると自動で立ち上がって正しいアンインストールへと導いてくれます。

アプリによっては実行ファイルをゴミ箱に入れただけでは正しくアンインストールできずに余計なファイルが残ってしまうということもあるので、私の場合、アンインストール方法がイマイチはっきりしないようなものはこいつを使ってます。

CleanMyMac

実際に今回の「Perian」を削除しようとすると、上記のように実行ファイルそのもの以外にもう2つファイルの削除を促されました。実行ファイルをゴミ箱に入れるだけだと、このもう2つがそのまま残ったりするんでしょうか。特別悪影響を及ぼすケースも少ないのでしょうが、私の場合はいつも念のために削除しております。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする